子どもモデル界で重宝されるハーフモデル

ハーフの子どもモデルは有利雑誌やテレビコマーシャルでもハーフの子どもモデルを目にしますよね。特に、アパレルブランドのモデルにはハーフの子が多い気がします。世の中にハーフの子ってこんなにいるの?ってくらい出てますよね(笑)

でも、本当のところ、ご存知の通り日本にはハーフの子どもはそんなにいません。単一民族の国ですからね、日本は。というわけで、ハーフの子はモデル界では優遇されているんです。

ハーフの子どもモデルはどんなふうに優遇されている?

かけもちOK

子どもモデルは事務所をかけもちすることは基本的に禁止されています。
しかし、ハーフの子ならOKという場合も珍しくありません。

撮影スタジオの様子この間、撮影現場で会ったアメリカ人とのハーフの子も事務所を掛け持ちしているって、その子のママさんが言っていました。

複数の事務所をかけもちできるということは、それだけチャンスが多いということなので、日本人の子よりもお仕事がたくさん入ってくるってことですよね。

所属費用が無料のことも

事務所に所属するのは費用がかかります。
でも、ハーフの子は無料だったり、割引されていたりするんです。

不平等だって思いますけど、
需要が多く、供給が少ないという事情があるからいたしかたありません。

ハーフの子どもモデルといえど、求められるレベルは同じ

以上で紹介してきたような優遇措置はあるものの
現場で求められることは日本人の子どもモデルの子と同じです。

子どもらしい子がいい!人見知りせずきちんと挨拶できる子、
ニコニコと笑顔で仕事ができる子がウケがいいですね。

それから、ちゃんと子供っぽい子供が好かれます(笑)。
この業界、未就学児にしてスレちゃってる子もいますからね。
変に大人っぽい子は敬遠されちゃいますよase

それから、よく「日本語が話せないとダメなのかな?」と聞かれることがあるのですが、私の合った子はみんな日本語ペラペラでした。

よっぽど魅力的な子なら別でしょうが、基本的にスタッフはみんな日本人なので、日本語が喋れる子の方が有利なのではないかと思っています。

ハーフの子どもモデルは日本人モデルよりも優遇されているって本当なんでしょうか?また、どんなふうに優遇されているのでしょうか?気になる噂について、管理人が知っている情報をみなさんにお教えします。

このページの先頭へ