赤ちゃん服や子ども服でのカジュアル

子どものときから自分で服を選ばせた方がよい?

自分で着る服は、子どものときから、自分で選ばせた方がよいのでしょうか?それは、その子に任せればよいかと考えます。
小さい頃は、親が選んで買ってきたものを、何もいわずに着ていたとしても、あることを境にして、次第にファッションに興味を持つようになり、転じて自分のファッションにも関心をもち、自分で自分の着るものを選びたがるようになるでしょう。

好き嫌いがはっきりしてくれば、おのずと選ぶものにも、その子なりの統一感やセンスが反映されるようになり、自然とその子に合った、その子らしいファッションが確立されていくはずです。
親は、その節度(派手すぎない、流行に乗りすぎていない)などを見極める冷静な目を持てばよいかと考えます。

カジュアルでかわいい子ども服のコーディネートって?

子供を可愛く見せるコーディネートとは、カラーを上手く利用してコーディネートするファッションセンスです。
通販など市販されているファッションを、どのように組み合わせるのかにかかっています。

服を選ぶ時は、試着してから買うように、子供が試着したイメージを思い浮かべて選びます。
どのようにかわいい子ども服を選んだら、子どもが喜ぶかを考えます。
親にとって今流行のカジュアルでかわいい子ども服を決める時は、ファッション雑誌は参考になります。

赤ちゃんの服の選びかたって?

 生まれてくる子どもにどのようなものを着せたらいいのか、初めてのママならとても迷いますね。

 生まれたばかりの赤ちゃんの服の基本は、肌着と「カバーオール」と呼ばれる「つなぎ服」です。
肌着は通気性・吸湿性の優れた綿100パーセントがよいです。長さや素材は季節に応じて選んであげるとよいですね。

 また、カバーオールにも共通することですが、形は「打合せ型・前開き型」が着せやすく脱がせやすいです。
外国製のものには、新生児用でも頭からかぶせるタイプのものが見られますが、やはり首の座っていない赤ちゃんには前開きタイプが着せやすいですね。初めて身に着けるものなので、体に優しいものを選んであげたいですね。


サブコンテンツ

>>我が家の場合は、テアトルアカデミーに所属しています

このページの先頭へ