年齢に応じた子ども服の選び方

年齢ごとに子ども服の選び方ってあるの?

大人と違って子供は成長が早い時期です。なので子ども服を年齢によって買い換えていくのは大事なこととなっています。

では子ども服の選び方はどのようにしていったらよいのでしょうか。
いきなりですが、選ぶとするのなら年齢で選ぶよりも子供の状態を重視して選んだ方がよいでしょう。
というのも昔と今では子供の成長具合も違うので、年齢が目安にはあまりならないからです。

では選び方としてまずやってしまいがちなことですが、今後も成長していくからといった今の子供より大きめのサイズを購入してはいけません。
というのも大きい子ども服を買ってしまうと、そのせいで子供がその大きさで動きにくくなったり、そのせいで要らない怪我を負う場合もあるからです。
何より子供の成長と一言でいっても、体が大きくなる他に太ももや胸周りといったところの成長が違ってきます。なのでそれを差し引いてもいきなりサイズが大きいものの購入は避けるべきでしょう。

そして次にチェックするのが子供の体回りです。先ほど記述した通り、子供は体が大きくなる以外に腕が太かったり、ふとももが太いと他の子供とは違う体型の特徴が出ることもあります。なので子ども服の選び方にはそういった体型の特徴も踏まえるのも大事です。
何よりこれは子供に限った話ではなく、大人にも通用する選び方の話です。

体型も把握したとなれば今度はサイズですが、このサイズの表示の目安というのは服のメーカーによっても変わってきます。なのでサイズの表はあくまで目安として参考にするとよいでしょう。ただサイズの選び方として身長できなく体長から見たほうがよいでしょう。身長だと頭も含めてしまうので余分に大きいものを用意してしまう可能性があります。


サブコンテンツ

>>我が家の場合は、テアトルアカデミーに所属しています

このページの先頭へ