子どもの受験に着ていく母親の服装

子どもの受験の際に母親はどんな服装をすればいいの?

受験は人生で大事な分かれ目の時、なので子どもにもしっかりとした服装をさせ、望ませたいところです。
が、その一方で受験の主役ではないのですが、母親の服装の方も地味に重要となってきます。
ではそのような時に母親はどのような服装でいればよいでしょうか。

まず当たり前のこととして受験の主役は自分の子どもですのでそれよりも目立つような格好は厳禁です。なので落ち着いたものを選ぶのがよいです。
何より親の服装のせいで子どもにマイナスなイメージがついてしまっては逆に足を引っ張るような結果になってしまいますので。そしてそういう時に意外とポイントとるなのが色であり、明るい赤や黄色といった派手な印象を与える色のものは控えるべきで、黒やグレー辺りの落ち着いた色のものを選ぶとよいでしょう。これに関しては子どもの方の服装でも大事なことです。

そして落ち着いたものと記述しましたが、何も高価なものを着ていく必要はありません。
子どもの方でもいえることですが、服装の高い、安いといった値段は関係なく、如何に清潔でしっかりとした装いをして悪いイメージを持たれないようにするかがポイントとなっています。

後は子どもと服装の色合いを合わせるのも見落としがちながら大事なポイントです。あくまで同じ色にしろということではなく、色合いを似たようなことにすることです。例えば子どもが黒なら母親も黒を始めとしたその黒に近い色で揃えるといった感じです。
そして最後に大事なこととしてサイズです。サイズが合わないものを着てしまえば見栄えがよくない状態になり、イメージが悪くなってしまいます。なので受験当日の前に予めサイズがしっかりと合っているかを確認しておきましょう。


サブコンテンツ

>>我が家の場合は、テアトルアカデミーに所属しています

このページの先頭へ