受験の時の男の子の服装って?

受験の際に男の子はどんな服装をすればいいの?

受験には学校訪問に始まり、筆記試験、面接、体育テストなど、服装に気遣いたい機会が何度となく訪れます。
慌てて用意するのではなく、余裕を持って何度か着せながら慣れさせていくということが必要です。

学校側からの指定はありませんが、Tシャツやジーンズなどのカジュアルな服装は避けましょう。
その上で子どもが一番に合うものの中から、清潔感と爽やかなイメージを与える「お出かけ着」の装いが、男の子の受験
の服装選びのポイントとなります。

季節にもよりますが、白のポロシャツに紺色やグレーのパンツにベストというのが一般的です。
しかし受験の時には沢山のお子さんと一緒になりますから、この色合では他のお子さんとカブリがちです。
紺色一色というよりも、チェックやグレーと合わせたり、ワンポイントに差し色を持ってくるといった工夫をされている服装の男の子も増えています。
白の中にも素材感を感じさせるものもあり、折り方で光沢なども違ってきます。

着心地のよさに合わせて、良い素地のものを着せているというのがお家柄も垣間見ることが出来て、注目されます。
サイズが大きすぎる、小さすぎるなどは、お子さんへの親の関心度が伺えますので、宜しくありません。
特にズボン丈などは背の高さとのバランスを考慮し、ウエストが総ゴムで、両ポケットの位置の使いやすさなどを試着で確認しましょう。

近頃はセミオーダーなども流行しています。
靴下はハイソックスよりもくるぶし数センチ上の白いソックスが好ましく、靴は黒のローファーを合わせるのが順当です。
全体的なバランスと合わせて、キリっと見える服装に心がけましょう。
雨で濡れてしまうなどのアクシデントもあり、今来ている服の他にもう1セット持っておくという配慮も、時には役立っています。


サブコンテンツ

>>我が家の場合は、テアトルアカデミーに所属しています

このページの先頭へ